2017年2月14日 (火)

パパ活してお小遣い稼ぎ

パパ活してお小遣い稼ぎをしてもう5年。私の年齢は30歳。もういい年です。もちろん普通に働いていますが、それよりもパパ活してお小遣い稼ぎをした方が楽にお金が手に入る。今日も出会い系で知り合ったパパに仕事後、会うことになりました。

「ごめんね、仕事がのびちゃって。」「平気だよ。飯でも行くか。」「うん。」職場から離れたところで待ち合わせしたので時刻はすでに夜の9時を迎えていました。そのため、今日はパパが泊まるホテルでご飯を食べました。私のパパは自宅には週一くらいしか帰らないので、基本ホテル暮らし。私と会う時はいつもこのホテルにくるのでホテルのスタッフさんには顔を覚えられてきました。
パパ活

「最近は仕事は順調か。」「うん。でも、親が病気になったからもう少し残業して稼がなきゃ。」もちろんこれは嘘。親は病気していません。「残業なんて大変じゃないか。少しは足しにしなさい。」そう言って私にお金をくれる優しいパパ。「いつも、ありがとう。」「気にするな、君の体の方が大切だから。」そう言って私の太ももを触ってくるパパ。私たちはそのまま部屋に行き一緒にシャワーを浴びました。

私はパパの身体を手で優しくすべて洗ってあげて、パパも私の身体を洗ってそのまま一回混じり合う。そして、次はベットにまた混じり合う。このパターンがお決まりのコース。そして、終わった後パパはそのままベットで寝てしまいます。私は部屋にあるワインを飲む。もらったお金を数えながら、この瞬間が1番幸せです。
パパ活ブログ
愛人募集

無料ブログはココログ